/

この記事は会員限定です

海外M&A7兆円超、はや最高 内需型企業が成長に活路

[有料会員限定]

日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)が拡大している。2015年は1~8月までの段階で7兆円を突破し、年間で過去最高だった12年(7兆1375億円)をすでに上回った。上場企業の手元資金が過去最高となる中、保険会社や物流など内需型の企業が海外に成長の活路を求める動きが強まった。資本効率を重視する流れも企業の背中を押している。

今年に入り、日本企業が公表した海外M&Aの合計額は8月20日時点で7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン