/

この記事は会員限定です

「健康経営」投資に新風 社員生き生き、企業価値に

証券部 奥貴史

[有料会員限定]

13日の日経平均株価は前日比56円高と小動きだった。東証1部の売買代金は1兆7000億円を割り込み、閑散相場が続く。国内外の金融政策ばかりが株価材料となり、金融政策発表前は身動きを取りにくいというのが投資家の言い分だ。こうしたなか、新たな投資テーマを探る動きが出始めた。その名も「健康経営銘柄」。膠着を打破する潮流になる可能性を秘めている。

「今は買い手掛かりがなさすぎる。目先を変えようと、先週ニュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン