/

この記事は会員限定です

証券界も仮想通貨技術応用 SBIや大和

[有料会員限定]

証券業務の効率化に向けて、仮想通貨を支える「ブロックチェーン技術」を幅広い分野に応用する動きが本格化してきた。SBIホールディングスNECと組み、同技術の応用で証券口座の開設手続きを簡単にする実験に取り組み、大和証券グループ本社は売買成立の確認作業の効率化を狙う。証券界全体のコスト削減につながれば、個人投資家にも手数料低下などの形で恩恵が広がる可能性がある。

SBIと大和証券は日本取引所グループ(JPX)が無償提供するブロックチェーン(分散台帳技術)の実証実験環...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン