/

この記事は会員限定です

「ファン株主」と投資先が交流 投信運用会社が橋渡し

[有料会員限定]

日本株に投資する投資信託の運用会社が、投資先企業と個人投資家の橋渡しを目的に相次ぎイベントを開催する。投信の保有者を一堂に集め運用報告会を開いたり、投資先企業への会社訪問ツアーを企画したりすることを通じて「ファン株主」を増やし、長期投資家の裾野を広げたい考えだ。

中心となっているのは金融機関の系列に属さない独立系の投信。約3000億円と日本株のアクティブ型で最大級の投信を運用するさわかみ投信(東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン