/

大日印、文教堂株売却益16億円

大日本印刷は12日、保有する書店チェーンの文教堂グループホールディングス株を取次販売大手の日本出版販売(日販)に売却すると発表した。大日印はグループ分も含めて文教堂株の51.86%を保有するが、10月末にうち28.12%分を売却する。株式売却によって現在の連結子会社から持ち分法適応会社になる。売却益は計16億円程度になる見通しだ。

大日印は同日、280億円の特別損失を計上することも発表した。住宅建材で、太陽に当たると壁紙がはがれ落ちる不具合が起こり補修費用が発生する。17年3月期の連結業績は、純利益が前期比3%増の345億円とする予想を据え置いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン