/

この記事は会員限定です

小売り大手15%減益 3~8月 強まる節約志向、「店舗」苦戦

[有料会員限定]

上場する小売企業の2016年3~8月決算が12日、おおむね出そろった。日本経済新聞社が主要72社を集計したところ、全体の純利益は前年同期比で15%減少したことが明らかになった。節約志向が再び強まるなか、百貨店や総合スーパーの業績が総じて悪化している。旅行やスポーツ観戦など「体験型消費」へのシフトやネット通販の台頭といった構造要因も重なり、店舗を構えてモノを売る従来型の小売企業は苦戦を強いられている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン