/

サイゼリヤ純利益36%増 17年8月期、低価格メニュー伸びる

サイゼリヤは12日、2017年8月期の連結純利益が前期比36%増の75億円になりそうだと発表した。従来予想(4%増の57億円)から18億円上方修正した。300円前後の低価格メニューが消費者の節約志向をとらえ、既存店売上高が伸びる。円高の進行により、海外からの食材調達コストも低減する。

記者会見した堀埜一成社長は好調の一因として「1品200円以下の安いデザートを投入しており、注文する人が増えた結果、客単価がトータルで上がっている」と説明した。安いメニューを複数注文して食事する顧客が多い。16年8月期の客単価は前の期から微増の720円だった。16年9月~17年2月期の客単価は1.2%増と高まっている。

中国が実施した税制改正も業績面では追い風になりそうだ。営業利益にかかる税負担はこれまでより軽くなる見通しで、営業利益を押し上げる一因になる。従来は税制改正の影響が見通せなかったため、業績予想には織り込んでいなかった。

売上高は2%増の1472億円となる見通し。従来予想(1%増の1457億円)を15億円上回る。主力の「ミラノ風ドリア」など300~500円という低価格メニューが好調だ。若年層やファミリー層が店舗を繰り返し訪れるようになっている。16年9月~17年2月期の既存店売上高は約3%増だった。

営業利益は22%増の110億円と、従来予想(3%増の93億円)より17億円増える。新規出店のペースを緩め、開店費用などを圧縮する。オーストラリアから仕入れるホワイトソースといった食材価格も円高進行で安く手に入るため、原価率が改善する。

同日発表した16年9月~17年2月期の連結決算は、売上高が前年同期比微減の705億円、純利益は60%増の31億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン