時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,213,886億円
  • 東証2部 70,646億円
  • ジャスダック 92,443億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.44倍14.34倍
株式益回り6.92%6.97%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,472.92 +265.71
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,490 +290

[PR]

スクランブル

フォローする

円安=株高、崩れる定石 米利上げ後は「実力」で選別
証券部 田中博人

2015/12/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

利上げが確実視される米連邦公開市場委員会(FOMC)が近づいてきた。利上げ後は長期的に円安・ドル高が進むとの見方が多いが、短期的に円高に振れる可能性もあり、投資家は輸出株の積極的な売買を手控えている。ただ、日本株と円相場の相関関係には変化が生じている。実は「円安=株高」という定石が今年は通用しにくい。米利上げを経て市場が銘柄を選ぶ基準はどう変わるのか。

日経平均株価が4日ぶりに反発した11日は一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム