/

ビットコイン一時急落、半月ぶり4000ドル割れ

インターネット上の仮想通貨ビットコインの価格が一時大きく下げた。情報サイトのコインデスクによると、日本時間10日午後に3976ドル程度まで下落し、およそ半月ぶりに4000ドルを割り込む場面があった。中国がビットコインなど仮想通貨の取引所を閉鎖すると伝わり、目先の利益をひとまず確定する目的で売りが広がった。

中国のニュースサイト「財新網」が8日、中国の金融当局が仮想通貨の取引所を当面閉鎖することを決定したと報じた。資金流入が細るとの懸念から、元建てのビットコイン価格が下落。ドル建てにも売りが波及した。

ビットコインは2日に5000ドルを上回ったが、約1週間で2割程度水準を切り下げた計算となる。これまでの上昇ピッチが速かったため、利益確定売りが出やすい。フィスコ仮想通貨取引所の田代昌之氏は「報道の真偽を探っている状況で、積極的には買いを入れにくい」と指摘する。

ただ、足元ではやや持ち直している。戻り期待の買いで、日本時間11日午前には4200ドル程度まで回復した。11日の東京株式市場では、関連銘柄は高安まちまち。取引所を運営するリミックスポイントが売りに押される場面が目立つ一方、取引所運営会社と提携するマネーパートナーズグループは小高い。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン