東芝、15年3月期最終赤字に 12年3月期も赤字に訂正

2015/8/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は不適切会計問題で発表が遅れている2015年3月期の連結決算(米国会計基準)が、最終赤字になる見通しとなった。前期決算の集計と別に、過去の決算訂正作業を進めており、このうち12年3月期の最終損益を赤字に訂正(公表済み決算は700億円の黒字)する方針だ。

黒字から赤字に変わる決算訂正は投資家への影響が大きい。金融庁が課徴金処分の額を決める際の重要な判断材料になりそうだ。

前期決算はもともと、最…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]