/

この記事は会員限定です

主要企業の持ち合い株、6割が削減 14年度

旧財閥系や金融も

[有料会員限定]

上場企業による持ち合い株式の売却が一段と加速している。2014年度は主要企業の6割が持ち合い株を減らし、削減の動きは歴史的に結び付きの強かった旧財閥系の企業グループ、保有資産の多い金融にも広がった。資本効率の改善を求める株主に背中を押され、持ち合い解消は最終段階に入ってきた。

日本経済新聞社が主要企業で構成する日経株価指数300を対象に調べたところ、本体が持ち合い株を保有する281社のうち168社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン