/

ファナック、6年半ぶり自社株買い 上限300億円

ファナックは9日、6年半ぶりに自社株買いを実施すると発表した。発行済み株式(自社保有分を除く)の1%にあたる200万株、300億円を上限に、10日から5月9日の間に取得する。

同社は昨年、年間の連結純利益の6割を配当に、2割を自社株買いに充てる方針を発表している。「株価水準に応じて自社株買いを行う」としており、機動的な資本政策の発動で株価下支え効果も狙う。

同社株はスマートフォン向け工作機械需要が旺盛だった2015年4月に上場来高値となる2万8575円をつけた。その後、新興国の景気減速を背景に業績見通しを下方修正。足元では1万5850円と半値近くに下げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン