2018年8月20日(月)

ビットコイン、初の3500ドル超え 分裂の「キャッシュ」は下落

フィンテック
2017/8/8 20:02 (2017/8/8 22:43更新)
保存
共有
印刷
その他

 代表的な仮想通貨のビットコインの価格が8日、初めて節目の3500ドルを超えた。金融派生商品(デリバティブ)を取り扱うシカゴ・オプション取引所(CBOE)が現地時間2日、ビットコインの金融商品の上場を検討していると発表してから、取引拡大の思惑が広がり上昇基調にある。

 取引量の増加に伴いビットコインは処理速度が低下した。その改善策を巡り意見が分かれ、1日にはビットコインと新通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」に分裂した。ただその後、大きな混乱がないため買い安心感が出ている。

 情報サイトの米コインデスクによると、ビットコインは8日に一時、1ビットコイン=3520ドルまで上昇した。分裂後2700ドルを割り込んだが、その後は約3割上昇した。970ドル程度だった2016年12月末と比べると3.6倍だ。

 上昇の背景にはビットコインの成長期待がある。分裂騒動をへて取引や処理を円滑にする改良案の導入が決まった。低コストで決済が可能なビットコインは「今後も利用が広がる可能性は高く、中長期的に価格が上昇しそうだ」(大手取引所ビットバンクの広末紀之社長)との声は多い。

 コイン・マーケット・キャップのサイトによるとBCCの価格は8日、1BCC=360ドル台で推移した。最も高かった2日の750ドル台から大きく下げている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報