/

この記事は会員限定です

ベア投信の山、株高阻む 外債苦戦の地銀が苦肉の買い

証券部 宮本岳則

[有料会員限定]

株価指数とは逆の値動きをする投資信託「ベア(弱気)型投信」の残高が急増している。外債運用で損失を抱えた地方銀行などが主に購入しているとされ、株価の上値を抑える一因となっている。背景に何があるのか。

「中小金融機関の決算対策売りがまだ続いているようだ」。東海東京証券エグゼキューショングループの太井正人グループリーダーはこう話していた。8日の東証1部の売買代金は2兆円をわずかに上回った程度。小口の売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン