/

この記事は会員限定です

上場企業、経常益24%増 4~6月 非製造業も回復

[有料会員限定]

日本経済新聞社が集計した上場企業の2015年4~6月期決算は、連結経常利益が前年同期比で24%増えた。円安が輸出企業の利益を押し上げ、昨年4月の消費増税の影響一巡で非製造業など内需企業も回復した。増益率は欧米に比べて突出して高く、国内外の投資資金を呼び込んでいる。

7日までに決算発表を終えた3月期決算の1298社(金融など除く)を集計した。社数で全体の85%、株式時価総額では97%を占める。純利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン