/

この記事は会員限定です

社外取締役に女性、主要100社の4割 統治指針背景に

学者や弁護士、外国人ら起用

[有料会員限定]

社外取締役に女性を起用する上場企業が増えている。株式の時価総額が大きい主要100社のうち、女性の社外取締役がいるのは7月時点で約4割となった。企業経営者や学者、弁護士が多く、外国人の女性も目立つ。6月に適用が始まった企業統治指針は取締役の多様性を重視している。女性ならではの視点を経営に反映させようとする取り組みが広がっている。

女性社外取締役を起用した企業は41社と、前年度(33社)から8社増加し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン