/

この記事は会員限定です

社債発行 18年ぶり最高 16年度、低コストで成長資金

[有料会員限定]

2016年度の日本企業による社債発行額が18年ぶりに過去最高を更新する。起債総額は前年度に比べて6割増の約11兆3千億円になる見通しだ。日銀のマイナス金利政策導入で社債の利回りが低下し、低いコストで資金を調達しやすくなった。M&A(合併・買収)の資金などに活用する動きも目立ち、良好な調達環境が企業の成長戦略を後押ししている。

3月にリクルートホールディングスが初の起債を決め、東京電力ホールディングス

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン