/

この記事は会員限定です

REIT「官製相場」第2幕 地銀、金融庁指導でETFシフト

[有料会員限定]

日銀による大量買い入れで、「官製相場化」が指摘されてきた不動産投資信託(REIT)市場。ここへきて、2つめの「官製相場」圧力が浮上してきた。主要プレーヤーである地銀が、個別のREIT銘柄を選別投資するのでなく、満遍なく組み入れた上場投資信託(ETF)を買う動きを強めているのだ。背景に金融庁の指導の存在がある。

「金融庁が『投資先のREITが保有する物件を見に行っているのか』と。うちの陣容じゃ、とても無...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン