/

この記事は会員限定です

調剤薬局「三国志」 中小争奪、薬剤師不足が誘因

[有料会員限定]

調剤薬局大手による中小薬局の争奪が激しくなっている。薬剤師不足などで中小の経営は厳しく、規模拡大を目指す大手の買収が増えている。アインファーマシーズなど大手7社の2013年度の買収額は過去最高で、今年度も増加の見通し。大手各社は、集約を進めることで健康相談などのサービスや品ぞろえを充実し、利用者に便利な店舗を増やす狙いだ。

株式市場に上場する7社の13年度のM&A(合併・買収)額は合計で230億円だった。今年度の各社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン