下げ発進の日本株 米利上げ・中国減速が試す成長力
海外投資家の期待強く

2015/1/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2015年最初の取引となった5日、日経平均株価は大きく下げた後に一時上昇したが、結局42円安で引けた。ユーロ安や原油安が重なり方向感がつかみにくい展開は、今年の金融市場の先行きを暗示する。中でも、米国の利上げと中国経済の減速懸念が二大リスクだ。日本は、海外からの衝撃を跳ね返す成長力をつけることができるのか、世界が注目している。

08年のリーマン・ショックから7年。利上げは米経済が正常モードに入る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]