/

この記事は会員限定です

独立系ファンド、大型船に5000億円規模投資

15年初めに運用開始、米シェール輸送にらむ

[有料会員限定]

大型船舶に5000億円規模を投資するファンドが2015年初めに運用を始める。金融機関から出資を募り、液化天然ガス(LNG)輸送船などを購入して海運会社に貸し出す。17年にも始まる北米産シェールガスの輸入をにらみ、海運各社は輸送船の拡充を進めている。リスクマネーを活用して海上輸送のインフラを整備する。

ファンドを運営するのは独立系のアンカー・シップ・パートナーズ(東京・中央)で、これまでに2つのファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン