/

この記事は会員限定です

AIの株価予想、個人が投資材料に ベンチャーがシステム開発

[有料会員限定]

個人投資家が投資判断の材料に人工知能(AI)を活用する例が増えてきた。ベンチャー企業の財産ネット(東京・港)は米マイクロソフトと組み、AIが予想した株価などの情報をチャットでやりとりできるシステムを開発した。AIが身近な存在になりつつある。

財産ネットは開発したシステムで営業担当員の主観を排し、データに裏付けられた情報を提供できる点をネット証券など金融機関に売り込む。人手不足に直面する金融機関にと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン