2/21 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 大韓航空の内紛泥沼化 ナッツ姫が弟に退陣要求[有料会員限定]
  2. 2位: 円、112円台に下落 NY市場で10カ月ぶり安値
  3. 3位: タカラバイオ、市場が見据える新型コロナの次[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ反落し128ドル安、新型肺炎の拡大懸念で
  5. 5位: ヴィクトリアズ・シークレット身売りが示す小売苦戦(NY特急便…[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,741億円
  • 東証2部 73,520億円
  • ジャスダック 95,733億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.16倍15.89倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,494.80 +15.65
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,480 -30

[PR]

スクランブル

フォローする

列島緊迫、耐える大型株 米長期金利底入れに光明
証券部 菊地毅

2017/9/4 22:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮を巡る地政学リスクが日本株に影を落としている。北朝鮮は8月29日の弾道ミサイル発射に続き、9月3日に6回目の核実験を強行。4日の日経平均株価は一時1万9500円を割り込み、夜間取引では日経平均先物が一段安となる場面があった。相場の不透明感が強まるなか、比較的底堅いのが大型株だ。ようやく反転の兆しが出てきた米長期金利が日本株の「意外な買いシグナル」をともしている。

4日午後3時ごろ、「北朝鮮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム