/

この記事は会員限定です

「決算対策売り」ご用心 期末接近、上値押さえる

証券部 藤原隆人

[有料会員限定]

3日の東京株式市場で、ある銘柄が個人投資家の期待を裏切った。前日に3月期末の配当を引き上げると発表した長谷工コーポレーションだ。フタを開ければ長谷工株は一時6%安と反落し、期待は空振り。市場では、この時期の国内市場に特有の「決算対策売り」が影響したとの見方がもっぱらだ。トランプ米大統領の発言など海外の材料ばかりに気を取られがちだが、需給が当面の上値を抑える可能性も浮上してきた。

「増配なのになぜこんなに売られるんだ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン