/

ソフトバンク、ガンホー株の9割売却へ 730億円で

ソフトバンクグループがグループで保有するガンホー・オンライン・エンターテイメント株の約9割を売却することが明らかになった。ガンホーが3日深夜に発表した。ソフトバンクグループから1日に売却を打診されたという。ガンホーはTOB(株式公開買い付け)により、株式を取得する。買い付け総額は約730億円となる。

ソフトバンクグループは子会社のソフトバンクと合わせてガンホー株の計28.3%(約2億7200万株)を保有している。ガンホーがTOBをした場合にソフトバンクグループは、そのうち2億4830万株を応募することで合意した。

売却が完了するとソフトバンクグループによる株式保有は約2400万株で持ち分は2%あまりとなる。ガンホーはソフトバンクグループの持ち分法適用会社ではなくなる。

3日から20日以内にTOBを開始する。買い付け価格は1株当たり294円で、公表日前日の2日終値309円に比べて4.9%下回る。

ソフトバンクグループは開示をしていないため、目的は明らかでない。ソフトバンクグループは2000年に投資し始めた中国の電子商取引(EC)最大手・アリババ集団の株式を売却するなどして100億ドル(約1兆700億円)の資金を調達すると3日に発表したばかりだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン