/

この記事は会員限定です

株主向け工場見学広がる 個人投資家取り込み

[有料会員限定]

個人投資家に中長期で株式を保有してもらおうと、企業の株主向け工場見学会の開催が相次いでいる。自社の技術力や現場の活気を実際に見てもらうことで、知名度の向上を狙う。人気の高い工場見学会を通じ、個人投資家を安定株主として取り込む。

リチウムイオン電池向け部材製造のダブル・スコープは今月22日から初めての株主向け工場見学会を開く。場所は韓国で、航空券や宿泊費など1人あたり約10万円の費用を負担して10人を招待する。応募...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン