/

この記事は会員限定です

一休が古民家宿泊事業 国家戦略特区で参入

[有料会員限定]

高級宿泊サイトの一休は、古民家を活用した宿の予約事業を始める。第1弾として古民家再生を手掛けるノオト(兵庫県篠山市)と組み、国家戦略特区に指定されている篠山市などでサービスを始める。当初は30軒程度で立ち上げ、将来は1000軒規模の取り扱いを目指す。訪日外国人観光客などの取り込みが進めば、地方の観光振興や空き家問題の解消にも一役買いそうだ。

ノオトは自治体やホテル事業者などと組み、古民家を宿泊施設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン