/

この記事は会員限定です

値上げ企業に熱視線 ヤマトHDが示した「新芽」

証券部 湯浅兼輔

[有料会員限定]

2日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。トランプ米大統領の議会演説で勢いを取り戻し、1月4日につけた昨年来高値にあと一歩まで迫った。いわゆる「トランプ相場」が復活した格好だが、市場では運輸大手のヤマトホールディングス(HD)も話題になった。安値受注で疲弊した同社の一手は、相場の強気派を勢いづける一因になった。

「利益なき繁忙から脱却する第一歩になる」。楽天証券経済研究所の窪田真之氏は、ヤマトHDの「変心」に感慨深げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン