/

この記事は会員限定です

賃上げ銘柄組み入れたETF、5月上場 日銀購入へ

年3000億円

[有料会員限定]

日銀の新たな金融緩和策に対応した上場投資信託(ETF)が5月にも東京証券取引所に上場する。賃上げや雇用拡大、設備投資に前向きな企業の株式を組み入れるもので、野村アセットマネジメントと大和証券投資信託委託は独自商品の開発を終えた。日銀は「設備・人材投資に積極的に取り組む企業へのサポート」を狙い、新型ETFを毎年3000億円買い入れる方針だ。

野村アセットと大和投信は1日、新型ETFの上場を東証に申請...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン