全面株安 業績悪化を懸念、外国人が売り

2016/4/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1日の日経平均株価が大幅に下げたのは、3月の日銀短観で企業業績の悪化懸念が急速に強まったからだ。

この日の株式市場では、トヨタ自動車株が3%安、日立製作所株が6%安となるなど日本を代表する輸出株の下落が目立った。大和証券の池端幸雄グローバル・エクイティ・トレーディング部担当部長は「長期運用の外国人投資家がまとまった売りを出した可能性が高い」と話す。

もともと市場には業績懸念がくすぶっていた。証券…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]