2019年3月23日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,825億円
  • 東証2部 76,761億円
  • ジャスダック 91,662億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍14.13倍
株式益回り7.38%7.07%
配当利回り1.86% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,627.34 +18.42
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,340 -90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

3月22日(金)14:20

第一生命 虎ノ門の新ビルに600億円投資[映像あり]

日本郵便 郵便局の敷地で「レベル4」の自動運転

3月22日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

芽吹き始めたAI相場 「感情なき投資」個人惑わす
証券部 菊地毅

2017/2/1 21:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の為替政策への批判などトランプ米大統領の発言に揺れ動く株式市場が、人工知能(AI)運用の活躍機会をつくっている。急変動する相場でも淡々と利益を積み重ねるAIは、個人の投資動向にも影響を与え始めた。

「AIのプログラムが働いた」。1日の取引開始直後に2.3%安となったトヨタ自動車株に、AIによる自動運用の存在を意識した市場関係者は多い。「トランプ発言に反応するAIが動いたとしてもおかしくない」…

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム