/

この記事は会員限定です

芽吹き始めたAI相場 「感情なき投資」個人惑わす

証券部 菊地毅

[有料会員限定]

日本の為替政策への批判などトランプ米大統領の発言に揺れ動く株式市場が、人工知能(AI)運用の活躍機会をつくっている。急変動する相場でも淡々と利益を積み重ねるAIは、個人の投資動向にも影響を与え始めた。

「AIのプログラムが働いた」。1日の取引開始直後に2.3%安となったトヨタ自動車株に、AIによる自動運用の存在を意識した市場関係者は多い。「トランプ発言に反応するAIが動いたとしてもおかしくない」(ファイブスタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン