/

この記事は会員限定です

社外役員の兼務制限広がる 外部の知見を自社に集中

[有料会員限定]
<訂正> 2日2時1分に掲載した「社外役員の兼務制限広がる」の表、記事で「第一三共が兼任禁止」「他社での役員就任を原則禁じた」とあったのは誤りでした。第一三共は社外役員の兼務を制限していません。

社外役員の兼務を制限する上場企業が増えてきた。主要企業の3社に1社が役員兼務のルールをつくり、日立製作所は兼務先を4社までに限定した。自社での活動にできるだけ集中してもらい、社外役員の経験や知識を経営に生かす狙いがある。

会社と利害関係がなく、外部から登用する社外役員には社外取締役社外監査役がある。東京証券取引所は昨年導入した企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)で、2人以上の社外役員選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン