/

この記事は会員限定です

コニカミノルタ、米遺伝子診断を買収 革新機構と

[有料会員限定]

コニカミノルタは官民ファンドの産業革新機構と共同で、遺伝子のがん診断を手掛ける米アンブリー・ジェネティクス(カリフォルニア州)を買収する方針を固めた。買収額は総額1000億円前後になるとみられ、コニカミノルタのM&A(合併・買収)としては過去最大。主力の複合機事業が伸び悩む中、医療分野のM&Aを活用して新たな収益源を育てる。

今週にも発表する。未公開企業であるアンブリー社の全株式を創業者などの株主から買い取る予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン