/

みずほ、オリコの出資比率引き上げ正式発表

みずほフィナンシャルグループは31日、信販大手オリエントコーポレーションの出資比率(議決権ベース)を現行の約22%から49%まで引き上げると正式に発表した。金融とIT(情報技術)が融合するフィンテックの進展を踏まえ、ビッグデータの共同活用など連携を深める狙いだ。

9月末までをメドに、みずほが持つ優先株式の一部を普通株に転換する。みずほ銀行のキャッシュカードと一体のクレジットカードなども開発する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン