/

横浜銀、AI使いカードローン販促実験

横浜銀行は30日、人工知能(AI)を使ったカードローンの販促の実証実験を実施したと発表した。NECと連携して同社のAI技術を応用。顧客の取引状況などの情報をもとに、カードローンを紹介するダイレクトメールを発信した。横浜銀は実証実験の結果を生かし、今後は融資審査などにも生かす方針だ。

6月に京都銀行群馬銀行など地銀9行で運用するマーケティングデータベース「共同MCIFシステム」を活用。顧客の取引状況や年齢、性別などの属性を分析した。従来はダイレクトメールの送付先を行員が決めていたが、AIの活用により「想定しなかった顧客がカードローンを利用するなど効果があった」(経営企画部)という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン