2019年2月20日(水)

信託銀各社、ファンドの資金に手数料 マイナス金利負担を転嫁

2016/3/30 13:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJ信託銀行や三井住友信託銀行など信託銀大手各社は、顧客の投資信託やファンドが運用する資産のうち、現金部分について新たな手数料を徴収する。4月中旬から始める。日銀のマイナス金利政策で日銀の当座預金に預ける資金の一部にマイナス金利が課されることとなるため顧客に転嫁する。事実上のマイナス金利適用となる。

三菱UFJ、三井住友が顧客への案内を始めており、みずほ信託銀行も導入を検討中。三菱UFJで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報