三菱UFJ、持ち合い株削減へ基準 2割が「収益性」満たさず

2015/7/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJフィナンシャル・グループは持ち合い株の削減に向け、保有株式から得るべき収益率を示す新基準を公表する。3月末時点で保有する3.8兆円(簿価1.9兆円)のうち約2割が基準を下回り、一定期間内に改善しない場合は売却を検討する。持ち合い解消を促す政府の企業統治(コーポレートガバナンス)改革を踏まえ、残高の削減方針を明示する。

新基準は31日に発表するガバナンス報告書に明記する。新基準は「総合取…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]