/

この記事は会員限定です

企業年金に外部監査導入 厚労省検討、財務の信頼性向上

[有料会員限定]

厚生労働省は、企業年金の一部に外部の専門家による会計監査制度を導入する検討を始めた。複数の事業者が共同で設立した「総合型」と呼ばれる確定給付型の企業年金基金が対象。財務の信頼性向上が狙いだ。

確定給付型は従業員の受け取る給付額があらかじめ約束されている企業年金。複数事業者の共同設立のため人的つながりが乏しく、財務内容などを把握しづらいとの指摘があった。

厚労省は有識者を交えて改善策の議論に着手。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン