/

「経営統合の検討開始は事実」東京TYと新東京銀行

東京都民銀行と八千代銀行を傘下に持つ東京TYフィナンシャルグループと、東京都が出資する新銀行東京は27日、両社の経営統合について「検討を開始していることは事実」とするコメントをそれぞれ発表した。両社は新銀行東京の株主総会後の6月12日にも、統合に基本合意したことを正式発表する予定だ。

一方、東京TY首脳は27日朝、東京都と包括提携に向けた協議を始めていることを認めた。新銀行東京は27日午後、寺井宏隆社長が退任し、常久秀紀取締役が昇格する人事も正式に発表する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン