/

この記事は会員限定です

メガ銀、国際送金でフィンテック開発合戦

[有料会員限定]

1回数千円かかる海外への送金がタダ同然になる――。そんな時代が来るかもしれない。

三菱UFJフィナンシャル・グループが5月に開いたフィンテック戦略の前線基地「イノベーション・ラボ」。今、7月に提携した仮想通貨取引所、米コインベースなどの技術を生かしたサービスの構想を練っている。

ガラス張りの開放的なオフィスに、ラフなTシャツ姿の行員が行き交う。銀行のイメージからかけ離れたベンチャーのような雰囲気だ。このラボでは、仮想通貨ビットコイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン