ミニ保険が急拡大、異業種も続々 遭難・孤独死…きめ細かく

2015/7/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

毎月の保険料が数百円ほどのミニ保険(少額短期保険)の市場が広がっている。3月末の保有契約は582万件と5年前の1.5倍。コンサートに行けなかった、遭難して捜索費がかさんだ、賃貸住宅で入居者が孤独死した、死後にペットの面倒をみてほしい、など補償の対象はさまざま。規制緩和を背景に異業種からの参入も相次ぎ、新たなニーズにきめ細かく対応する商品が続々と生まれている。

ミニ保険は保険業法改正で2006年に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]