/

この記事は会員限定です

介護人材確保、アジアで競合 職場環境改善など急務

[有料会員限定]

政府が技能実習制度を活用した海外の介護人材の確保に動くのは、介護業界の深刻な人手不足が背景にある。国家資格の取得など日本国内で働き続けるためのハードルは高く、働き手の確保にどれだけ効果があるかは未知数だ。

厚労省は2025年度に介護人材が40万人弱不足すると試算する。外国の介護人材を受け入れる有力な方法としては、現状では経済連携協定(EPA)がある。ただEPAは相手国の意向が重視されるため、介護の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン