/

野村証券、大手6行と口座振替サービスで提携 利便性向上

野村証券は25日、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など大手銀行6行と口座振替サービスで提携すると発表した。インターネットや電話で野村に指示するだけで、提携先銀行の口座から野村の証券口座に即時に資金を移せるようにする。顧客の利便性を高め「貯蓄から投資」を促す狙いだ。

2月から本格的にサービスを始める。提携先はゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行を含む6行。1回あたりの振り替えの上限額は1億円未満~3億円。

これまでは銀行から野村の口座に資金を移す場合、顧客は銀行側と手続きする必要があった。複数行からの振り替えでも手続きが一度で済むようになるうえ、銀行のオンライン取引などに比べ振替額も増やせる。

グループの垣根を越えて、証券と銀行間の資金移動を容易にする取り組みは珍しい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン