/

この記事は会員限定です

仮想通貨技術、デリバティブに活用 損保ジャパン

[有料会員限定]

損害保険ジャパン日本興亜は猛暑や大雨といった天候不順のリスクを軽減する天候デリバティブ(金融派生商品)に、仮想通貨ビットコインの中核技術「ブロックチェーン」を活用する。巨大なサーバーを使わないため大幅なコスト削減を見込める。海外展開も視野に来年度の商品化をめざす。

天候デリバティブは損保商品に似た仕組み。一般的に保険料に相当するオプション料を事前に支払い、気温や降水量などの条件を満たした場合、補償...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン