/

JPX日経400先物、25日に上場

株価指数「JPX日経インデックス400」の先物が25日、日本取引所グループ傘下の大阪取引所に上場する。同指数は今年1月に算出を開始し、連動する上場投資信託(ETF)などの残高は3000億円強に達している。先物の上場で損失を避けるなどの運用手段が広がるため、指数の利用がさらに増える可能性がある。

取引時間帯は日経平均先物などと同様で、午前9時~午後3時15分の日中取引と、午後4時30分~翌日午前3時の夜間取引も実施する。

JPX日経400は自己資本利益率(ROE)の高さなどで選んだ400社で構成する指数だ。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株の運用尺度のひとつに採用している。日銀は10月末の追加金融緩和でJPX日経400に連動したETFを買い入れ対象にし、市場の関心が高まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン