むさし証券に過怠金8000万円 大阪取引所、先物相場操縦で

2014/9/24付
保存
共有
印刷
その他

大阪取引所は24日、むさし証券の運用担当者が東証株価指数(TOPIX)先物で相場操縦していた問題を巡り、同社に過怠金8000万円の支払いを求める処分を下したと発表した。日本証券業協会も1500万円の過怠金を課し、併せて再発防止策を策定するよう求めた。

日証協は同時にAIJ投資顧問傘下のアイティーエム証券を除名処分にしたと発表した。同証券はAIJの年金詐欺事件で販売を担当していた。

東京証券取引所と大阪取引所はファンドの管理が不適切だったとして、ばんせい証券を戒告処分にしたと発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]