/

この記事は会員限定です

公的年金、東芝・VWに賠償請求 株価下落で損失

[有料会員限定]

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が不正会計問題や自動車排ガス不正で株価が下落して損害を受けたとして、東芝と独フォルクスワーゲン(VW)に損害賠償を求める訴訟を起こしたことが23日、分かった。年金運用を担う機関投資家として訴訟に踏み切り損害額を回収する必要があると判断した。

GPIFは個別企業の株式を直接保有できないため、信託銀行などに運用を委託している。株式を保有しているの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン