/

この記事は会員限定です

投信の成績分かりやすく 12月に改正法施行

[有料会員限定]

改正投資信託法が12月1日に施行され、投信の規制が大きく変わる。銀行や証券会社が投信を保有する顧客に分配金を含めた通算損益を定期的に通知する制度が始まり、運用報告書も分かりやすい簡易版が登場する。投信の仕組みを理解しやすくして、投資判断が分配金に偏った市場を是正する狙いだ。今後、投信の売れ筋が変わる可能性もある。

三菱東京UFJ銀行など3メガ銀行やりそな銀行は来年1月に最初の通算損益通知書を送る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り685文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン