/

この記事は会員限定です

政投銀、三井化学に低利融資100億円 国内投資を優遇

[有料会員限定]

日本政策投資銀行は国内に工場を残す企業の設備投資を支援する低利融資制度を使い、三井化学に100億円を融資した。同社は調達資金を活用し、紙おむつ用の高機能不織布をつくる三重県四日市市や眼鏡レンズ材料などをつくる福岡県大牟田市の工場の設備を増強する。通常の融資に比べ、借入期間中の利払い負担を10%程度軽減できる見込みだ。

この融資制度は「地域重要生産拠点支援プログラム」という名称で2015...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン