/

この記事は会員限定です

三井住友アセット、米信託大手と提携 投資管理業務で

[有料会員限定]

三井住友アセットマネジメントは投資信託の基準価格の算出など管理業務で米ステート・ストリート信託銀行と提携する。日本向けのシステムを共同で開発し、来夏をメドに稼働させる。国内の投信管理業務は業者が少なく、費用が割高だった。新システムの稼働で年数億円のコスト削減ができるとみており、投資家が支払う手数料の引き下げにつなげる。

投信の管理業務は時価評価の透明性を求...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン